トラブルを回避するには?

エステサロンはムダ毛が生えている肌に直接いろいろな施術を受けるのですから、思わぬトラブルが起きることもないとは言い切れません。
もしも、トラブルに巻き込まれてしまったらどうしたらいいのでしょうか?

 

一昔前までは、エステサロンというと料金がとても高く、話を聞きに行っただけなのに無理な勧誘を受けて何百万もするローンを組むまで帰らせてもらえなかったというような、悪徳業者もたくさんあったようです。
しかし、最近は脱毛サロンの数が増えていて料金も安くなっているので、そういった悪徳業者は少なくなってきていますが、それでもいまだに強引な勧誘をしてくるところもあります。

 

勧誘をしないと言っていても、体験コースを受ければ、当然本コースへの契約を勧めて来られます。
その勧め方がソフトか強引かで大きく違ってくると思いますが、お店の方は集客をしたいので、体験だけで全く勧誘されないということはないでしょう。

 

特に脱毛だけでなく、フェイシャルなどのエステも行っているサロンの場合は、他のコースへの勧誘をされることがあります。
必要以上のコースを勧められたら、はっきり断ることが大切です。

 

金額の説明を聞いたのであれば「金銭的に無理」とはっきり言うと、無理な勧誘をされることはないでしょう。
10代の場合は、親の承諾が必要なので、親に反対されたというと勧誘をされることはありません。

 

最近は企業の法令順守などが厳しくなってきているので、大手のエステサロンでの強引な勧誘はなくなっています。
体験後、本コースの加入を勧められるものの、はっきり断ればそのまま帰ることができます。

 

契約後のトラブルでよくあるのが、施術後の肌トラブルです。
エステサロンのほとんどは光脱毛の方式を採用しています。

 

光脱毛はムダ毛やその毛根に反応をする光を当ててダメージを与え、脱毛するシステムになっています。
そのため、肌にも光が当たるため、光の照射レベルが高かったり、肌のコンディションが悪かったりすると、肌トラブルを起こすことがあります。

 

トラブルが起きたら、まずエステサロンに連絡をすることが大切です。
エステサロンでは提携している皮膚科などがありますので、そちらを紹介してくれて、症状によってサロン側に非があるとなれば治療費は全額負担してもらえます。

 

肌のトラブルは自分の体調が原因で起こることもあるのですが、ヒリついたり、かゆみ・湿疹が出たりした場合は、サロンに連絡をして指示に従うか、病院に行って診断を受けておく必要があります。
このほか、施術後に光の照射がもれて一部分だけムダ毛が残っていることがあります。

 

そんな時には次に施術に行ったときに、サロンのスタッフに言うようにしましょう
そうすればスタッフはそこを中心にケアしてくれます。

 

人気のあるサロンでは、予約がなかなか取れずに、せっかく2か月ごとのスケジュールで予定を組んでいても、そのスケジュールが先延ばしになってしまいます。
そういうときには諦めずに、近くの他の支店で予約が取れないか聞いてみましょう。

 

大手の脱毛サロンの場合は、他の店舗で施術が受けられるところがほとんどです。