口臭の原因

一言に口臭と言っても様々な原因があります。
大まかに分けるとこの4つです。
1、病気からくるもの
胃や内臓系などに何か病気があると口臭が酷くなることがあります。
2、唾液不足
唾液が少ないと口内の細菌が増えてしまうため臭います。

3、口にするものによるもの

タバコやアルコール、にんにく、ニラなどを口にすると臭くなります。
意外とコーヒーも口臭の元になります。
コーヒーは唾液を抑える働きがあるためです。
4、口内環境によるもの
虫歯や歯周病、詰め物、部分入れ歯、舌苔などで臭います。
どれも細菌が増えすぎてしまうことで臭ってきます。

 

1の病気からくる口臭は病院での治療が必要です。
2と3は自分で予防をすることが出来ます。
4も自分で予防できることがあります。

唾液不足による口臭対策

唾液不足になると口臭だけでなく虫歯にもなりやすくなります
唾液は少し気をつけるだけで、増やすことが出来ます。

 

唾液を増やすためのポイント1 水分を多く摂る

唾液を作るために水分は必要です。
なので、普段より多く摂るように心がけましょう。
ポイント2 食べる時に良く噛む
食べ物を噛むと唾液は出てきます。
唾液不足の人は物をあまり噛まない傾向があります。
なので、意識して多く噛むようにしましょう。

良く噛むと満腹中枢も刺激されるので、少しの量でもお腹いっぱいになります。

ダイエット効果もあるので、良く噛むようにしましょう。
ポイント3 ガムを噛む
ガムは無意識でも噛む動作をするため唾液量は増えます。

口にするものによる口臭対策

ガムを噛んだり、緑茶が良いなど言われていますが、それらは一時的なものです。

ここでの口臭対策は、ずばり食べない・口にしないこれだけです。
タバコなら禁煙、アルコールやコーヒーは少量にする、ニラやにんにくは極力とらないようにする。
にんにくなどの食べ物は料理に入っていたりするので難しいかもしれませんが、タバコやアルコール、コーヒーは自分で押さえることが出来るものです。
努力してみましょう。

口内環境による口臭対策

口内環境によって臭うものは、歯医者さんに行ったほうが良いでしょう。
詰め物の下が虫歯になっていると意外と気づくことが出来ず、口臭の原因になっていることに気づかないこともあります。
なので、食べ物や唾液での口臭対策をしても治らない場合は1度歯医者さんに行ってみましょう。
歯周病もなってしまったら歯医者さんで見てもらった方がいいですが、歯周病は予防することが出来ます。
歯磨きの仕方でも言いましたが、歯と歯茎の境目に45℃で歯磨きを当てて小刻みに動かしましょう。
こうすることで歯茎のマッサージになり歯周病予防になります。
虫歯もそうですが、口内環境による口臭は予防が大切です。
舌苔については知らない人がいるかと思いますが、名前の通り舌に付く苔です。
舌苔は誰にでも付いているものなのですが、付きすぎてしまうと口臭だけでなく口内環境の悪化にも繋がってしまいます
なので、舌用ブラシなどで取っても良いですが、その場合はやりすぎに注意しましょう。
舌を取りすぎたり、無理に擦ったりすると傷つけてしまいます。
そうなると味覚などの大切な感覚などに影響が出てきてしまいます。
なので、磨いても1日1回だけにしましょう。