ムダ毛脱毛サロン・契約までの流れ

思い切ってエステサロンに予約を入れたら、いよいよサロンに行きますが、初めてサロンに行くときに必要なものは何でしょうか?
施術の時に着替える必要があっても、着替えなどはサロンに用意してあるので持って行く必要はありません。

 

ビキニラインやお腹などのムダ毛を処理する場合には、紙パンツももらえるので下着を気にすることもありません。
顔のムダ毛処理をしてもらう場合は、一度メイクを落としますので、メイクをして帰るのであればメイク道具が必要です。

 

また、契約をする際には身分証明書が必要なので、体験コースを受けた後、気に入ったら入会しようと思っていたら免許証や保険証、パスポートなどを持って行くようにしましょう。
未成年の場合には、親の同意が必要なので同意書もなくてはいけませんが、同意書は次にサロンに行く時までに用意できれば大丈夫です。

 

エステサロンに行ったら、まず最初にカウンセリングが行われます。
カウンセリングでは料金や、どの部位を脱毛したいか、現在のムダ毛や肌の状態などを見ます。

 

このとき、施術のないようやサロンのシステムなどについて、質問したいことがあれば遠慮せずにどんどん質問していくようにしましょう。
特に、料金に関してはあやふやにしないで、はっきり確認しておく必要があります。

 

料金の説明を受ける時には、お得なセット料金やキャンペーン中のプランなど、カウンセラーからすすめられます。
どこのサロンでも高い料金のコースで契約してほしいので、それなりに勧誘を受けることになりますが、最近ではしつこい勧誘はなくなってきています。

 

サロンオリジナルの化粧品や必要ないコースを勧められても、はっきりいらないと断れば、しつこく食い下がってくることはないので、断って空気を悪くしないか…とか、カウンセラーと気まずくならないか…というようなことは気にせず、はっきり断るようにしましょう。
主婦の場合は夫に、学生や未成年の場合は親に相談して反対されたというと、勧誘されにくくなります。

 

最近ではエステサロンの料金も安くなってきているので、無理な勧誘をする必要がなくなって、勧誘に関するトラブルも減ってきています。
ホームページでも「勧誘ナシ」と大々的に表示しているサロンもたくさんあります。

 

それでもうっかり高額なプランや化粧品を購入する契約をしてしまったら、クーリングオフ制度が利用できます。
クーリングオフは契約後8日以内に申し出れば、契約を解除できるという制度です。

 

クーリングオフできる条件が多少ありますが、必要事項を書いた書類をサロンに送るだけです。
郵送で手続きが済むので、再度サロンに行って気まずい思いをすることもありません。

 

ただし、書類はこちらが確かに送ったという証拠を残さなくてはいけないので、郵便局に配達を依頼した時間と、配達の状況の記録が残る「特定記録郵便」で送る必要があります。

エステでのムダ毛処理は痛い?

エステサロンでのムダ毛処理はとても痛いと聞きますが、本当なのでしょうか。
痛みについては、人によって感じ方が違うので一概には何とも言えません。

 

ただし、多くの脱毛エステサロンで使われているフラッシュ脱毛(光脱毛)は、今までの脱毛技術に比べ、痛みが少ないと言われています。
一昔前までエステサロンで盛んに行われていたニードル式という脱毛方法は、毛穴のひとつひとつに電気針を刺して微弱電流を流し、ムダ毛にダメージを与えて脱毛すると言う方法でした。

 

毛穴に針を刺すのですから、痛くないはずがありません。
痛みが強すぎて施術中に気を失う人や、痛みが我慢できずに脱毛を途中でやめる人もたくさんいたようです。

 

それが、現在のフラッシュ脱毛は「輪ゴムで肌を弾かれる程度」の痛みなので、痛くないという人が増え始めました。
もちろん、フラッシュ脱毛の痛みも人によって感じ方が違うので痛いと言う人もいますが、昔に比べればとても改善されています。

 

フラッシュ脱毛は、メラニン色素に反応する光なので、肌に照射するとムダ毛とその毛根の黒い色に反応して、ダメージを与えます。
ダメージを与えられたムダ毛は、しばらくすると自然に抜け落ちる仕組みになっています。

 

そのため、腕や脚などの脱毛ではほとんど痛みを感じることはないようですが、ワキやビキニラインなど、普段外からの刺激が少ない肌の部分への施術は強めの痛みを感じるようです。
また、毛の量が多かったり密度が高かったりすると光に反応する部分が多いため、刺激が強くて痛みを強く感じます。

 

しかし、2度目以降の施術からは、徐々にムダ毛も少なくなってくるので、光に反応する部分が少なくなって、痛みもだんだん弱くなってきます。
毛穴に針を刺して脱毛するニードル式では、痛すぎでサロンに行くのをやめる人がいましたが、光脱毛が主流になってからは、そういう人はいなくなりました。

 

エステサロンの光脱毛と、美容クリニックでのレーザー脱毛とでは、脱毛のシステムが違います。
レーザー脱毛の方が痛みが強いようです。

 

それは、美容クリニックのレーザーの光のほうが照射出力が高いためです。
最近のエステサロンの光脱毛マシンは、性能が良くなっているので、光の照射出力が低くてもかなり高い脱毛効果が得られます。

 

痛みに対する対処は、皮膚の感覚を少し麻痺させるクリームを塗ってくれるサロンもありますが、美容クリニックなら医師がいるので麻酔を使用してくれます。
痛みに弱い体質の人は、あらかじめスタッフに相談しておくといいでしょう。