歯磨きの意味

歯磨きははの歯垢を落とすためにおこないます

歯垢とはプラークとも言い生きた細菌が固まっているものを言います。
この塊は歯と同じ色をしていて、粘着性のあるものです。
舌で触るとザラついて感じるものです。
これをついたまま方っておくと虫歯になってしまいます。
なので、正しい磨き方でしっかり取り除くようにしましょう。

歯磨き粉

歯磨き粉は、着けても着けなくてもどちらでもOKです。
着ける場合は注意する点があります。
それは着けすぎないことです。
歯磨き粉を着けすぎてしまうと、泡だってしまいしっかり磨くことが出来ません。
さらに歯磨き粉を着けて磨くとさっぱり感があるので、しっかり磨く前に終わりにしてしまう人が多いのです。
さらに、歯磨き粉には研磨剤が入っているため着けすぎると歯を傷つけてしまい、虫歯のリスクが高まります
なので、着ける時は1p以内にしましょう。

磨き方

ポイント1 歯磨きは食後30分空けるかうがいをしてから
食後すぐの口内は、食べ物の酸などで歯がとても傷つきやすい状況にあります。
そのため、そんな時に歯を磨いてしまうと傷が付き虫歯のリスクを高めてしまいます。
なので、食後30分空けるか忙しい時などはうがいをしてからおこなうようにしましょう。

 

ポイント2 鉛筆持ちで力は入れない
力を入れて磨いてしまうと、歯が傷ついてしまいます。
そのため、鉛筆持ちで歯ブラシを持つと良いでしょう。
鉛筆持ちだと力が入りづらくなります。
鉛筆持ちで歯ブラシがブラブラするくらい力を抜いて大丈夫です。

 

ポイント3 小刻みに動かす
奥歯なら奥歯を大きく動かして一気に磨いてしまう人がいると思います。
しかし、それではしっかり磨けていません。
動かす時は、2〜5mmずつ動かすように小刻みに磨きます。
1本を15〜20回磨くようにします。

 

ポイント4 歯茎と歯の境目は45℃
歯と歯茎をの隙間には歯垢が溜まりやすいので、しっかり磨くようにします。
境目に直角に当てると、しっかり境目が磨くことが出来ません。
なので、境目に45℃の角度をつけて磨きます。
そうすることでしっかり歯と歯茎の隙間まで洗うことが出来ます。
さらに歯茎をマッサージする効果もあるので、歯周病などにも効果的です。

 

ポイント5 一筆書きのように磨く
下の右奥、上の左奥、前歯など一回一回磨くところをバラバラにしてしまうと磨き残しが出来やすくなります。
そのため、磨き始めるところを決めたらそこから一筆書きで行くように磨きます。
例えば下の右奥の外側から磨くとします。
少しずつ外側だけ磨いていき、前歯、左奥と磨いていき端まで行ったら次は下の左奥の内側から反対側まで磨きます。
そうしたら次は上の右奥の外側から同じように磨きます。
奥歯のかみ合わせのところは最後に磨いていきます。

 

ポイント6 歯垢のつきやすい所はより丁寧に
歯垢のつきやすい所は、「奥歯のかみ合わせ」「歯と歯茎の境目」「歯と歯の境目」の3つです。
この3つは念入りに磨きましょう。

 

ポイント7 歯並びが悪いところは臨機応変に
歯並びが悪く他の歯よりも内側にいってしまっているなどの場合は、歯ブラシを縦にして磨くようにします。

歯間ブラシ・デンタルフロス

しっかり歯を磨いても、歯と歯の間の歯垢は残りがちです。
そのため、歯ブラシ後に歯間ブラシやデンタルフロスを使うと良いでしょう。

歯磨きの仕方関連ページ

歯ブラシ選び
たくさんの種類のある歯ブラシの中から磨きやすいものを選びましょう。