歯ブラシ選びは大切

歯を綺麗にするのに1番大切なのが歯ブラシ選びです。

どんなに正しく磨いても、歯ブラシがちゃんと良いものでなくては効果が最大限発揮されません
ブラシの固さや形など今は様々な歯ブラシが出ています。
なので、しっかり自分に合ったものを選びましょう。

ブラシの固さ

歯ブラシの固さには大まかに分けると「やわらかめ」「ふつう」「かため」の3つに分けられます。
選ぶ際にどのように選んでいますか。
「やわらかめ」の方が歯には優しそうだとか「かための」の方が汚れがしっかり落ちそうとか色々考えるのではないでしょうか。
歯ブラシの1番の目的は歯垢を落とすことです。
そのことを考えながら、自分の口内環境を考慮しつつ選びましょう。

 

ふつう
歯垢を落とすために1番おススメの固さです。
特に歯茎などに問題がなければ、この固さが良いでしょう。

かため
ふつうよりも歯垢を落とすのに向いていますが、普段磨く力が強い人はおススメ出来ません。
力のない人などはこの固さが良いでしょう。

やわらかめ
この固さはやわらかすぎるため歯垢を落とすという目的には向いていません。
しかし、歯茎の弱い人や出血のある人に向いています。
出血等なくなってきたら、ふつうの固さにすると良いでしょう。

 

このようにそれぞれの固さに向いている人向いていない人がいます。
自分の向いている固さがわかりましたか?

ブラシの素材

一般的に売られているものは透明なナイロンで出来たものです。

他にも動物の毛(馬や豚)や色の付いたものなどがあります。
1番良いのは、透明のナイロン製のものです。
動物の毛だと口の中の細菌が付着しやすく、さらに乾きにくいため菌が繁殖しやすいです。そうなると、衛生的の良くありません。

さらに動物の毛はやわらかいため歯垢を落とす効果は低いです。

色の付いたものは弾力性が色の成分によって落ちやすいのであまりおススメ出来ません。
透明のナイロン製のもは吸水性があるため、交換時期になったら交換しましょう。交換時期は下の方に書いてあります。

ヘッドの大きさ

ヘッドも適したサイズがあります。
ふつうに磨くには、縦の幅は親指の幅くらいで、横幅は毛束の列が3〜4列のものが良いでしょう。
ヘッドが大きいと奥歯や隙間、歯並びが悪くなっているとこりなどがしっかり磨くことが出来ません。
しかし、仕事の合間など忙しく磨くときにはササッと磨けて良いでしょう。
歯並びが悪い人は仕上げ磨きにヘッドの小さいもので磨くと良いでしょう。

持ち手

持ち手も最近では様々な種類が出ています。
湾曲しているものや突起のあるもの、ストレートのものなど様々です。
さらには、持ち手が半円状のものや平らのもの、楕円や丸など本当に数多く種類があります。
持ち手は、自分の持ちやすいものでもいいですが湾曲しているものは上の奥歯の辺りが磨きにくいなど物によっては欠点もあります。
1番良いのは突起物のないストレートタイプが良いでしょう。
ストレートタイプだとどこを磨くのも持ちやすく磨きやすいです。
さらに半円状のものだと持つやすく磨きやすいです。

交換時期

歯ブラシはひらいたら交換するものだと思っている人が多いのではないでしょうか。
確かにひらいたら交換はした方が良いです。
しかし、歯ブラシはひらいていなくても1ヶ月に1回は交換した方が良いでしょう。
長くても3ヶ月です。
歯ブラシは毎日口の中に入れるので、そのたびに細菌が付着します。
それをしっかり洗って乾かしていても、完全に綺麗にする事は出来ません。
なので、衛生面を考えて交換時期は守るようにしましょう。

歯ブラシ選び関連ページ

歯磨きの仕方
歯磨きにはいくつかポイントがあります。 しっかりポイントを押さえて綺麗に磨きましょう。